» マネー全般の記事

インフレ・円安を推奨するアベノミクスのもとで、「定期預金が損をする!」というフレーズが定説のように言われています。物価の上昇に連動して預金金利も上がるものの、激しい物価上昇率 にはついて行けず、実質金利はマイナスになるため、こんなときは株や投資信託の方に資金を分散するのが得策だとされていますが…。

しかし、ちょっと調べてみると、預金金利が物価上昇率に圧倒された記録はここ20数年では数えるほどしかなく、むしろ多くのケースでインフレ率を上回っていることが分かりました。

の続きを読む » «預金がインフレに弱いは根拠が薄い»